資格取得で叶える夢|手堅い資格ゲットで就職活動超有利

資格取得も可能

人気の調剤事務資格を取得するには

instruction short course

調剤事務の仕事場は、調剤薬局や緊急医療施設などです。薬剤師は調剤を、調剤事務は事務仕事を請け負っています。仕事内容は、患者との応対や処方箋の入力、データ管理、薬歴簿の作成や会計業務、レセプト業務などがあります。調剤費や薬代などを保険者に請求する書類をレセプトと呼び、このレセプト業務が調剤事務において最も専門性の求められる仕事といえます。調剤事務員になるには、必ずしも資格は必要ありませんが、民間企業が認定している認定資格がいくつか存在し、通信講座で学ぶことができます。通信講座で取得できる資格の名称は異なっても、学ぶ内容はほぼ同じです。3〜4か月の学習で取得できるものが多いです。わかりやすいテキストや動画解説、メールで質問など通信講座によってさまざまな教材やサービスを提供しています。

テキストを見て試験に臨める

通信講座で学ぶメリットは、自分のペースで勉強できるという点です。自宅学習しやすいように作られたわかりやすいテキストで、好きな時間に効率よく勉強できるため、仕事をしながら資格取得したいと考える人にもおすすめの方法です。調剤事務の資格試験は、テキストを見ながら受けられるもの、在宅受験できるものがいくつかあります。調剤事務の仕事内容が資料を見ながら書類を作成するものなので、テキストを見ながらの受験が可能なのです。在宅でリラックスして受験できるところもメリットです。調剤事務は、パートや派遣など勤務形態が選びやすく、子育てがひと段落した主婦や家事の合間に働きたい人に人気です。必ずしも資格取得が必要ないとはいえ、専門知識を持っているということで資格取得は就職に有利だといえます。